九鬼産業フェアトレードごま

フェアトレードについての詳細はこちら

自分の子どもに食べさせたいモノを作る

ごまのフェアトレード商品を扱う九鬼産業株式会社は明治19年創業で130年の歴史があります。
昔ながらの製法を守り、安心・安全で価値の高い商品づくりを目指します。 フェアトレードのゴマを取り扱うからと言って、 安心・安全で価値の高い商品づくりに妥協はありません。

物珍しさや少しでも貧しい農家に貢献したいという気持ちから初めは フェアトレード商品を買って貰えますが定期的に購入してもらうためには美味しさが必要不可欠です。 そのため、生産農家にも高い品質を要求しています。 高い品質を求めることは生産者にとって大変なことかもしれませんが、 良いものを作りリピーターを作ることが結局は生産者のためになります。

■品質にこだわったフェアトレードのゴマ
日本では消費されているゴマの99.9%を外国から輸入しています。 ゴマはコーヒー豆が生産されるような暑く乾燥した地域で良く育ち、 九鬼産業が仕入れているフェアトレードのゴマも暑い中南米の国、 ニカラグア共和国で生産されています。

ニカラグア共和国には7つの農協があり、その中のひとつにフェアトレード認証農家として 登録された農協があります。それが九鬼産業の仕入れ先デルカンポ農協です。
デルカンポ農協では品質の向上を保つためごま栽培マニュアル・ごま栽培記録報告書を設けています。 栽培マニュアルにはゴマの栽培方法、使用可能・不可能な農薬の種類、 害虫対策などが記載されており、ごま栽培記録報告書は19項目の内容を生産農家に洩れなく 記入させることで生産者と生産の過程を明確にしています。

ゴマを出荷する前にはサンプルを採取し外部の検査機関で残留農薬検査を行い合格判定の確認後輸出されます。

ニカラグア共和国

デルカンポ農協のゴマを信用していない訳ではありませんが、日本に輸入されたゴマは定期的に自社(九鬼産業)もしくは外部機関で残留農薬検査を行っています。農薬検査は20年以上前から続けており、検査の頻度も他社と比べて多いのが安心・安全に対する思いの表れでしょう。

昔ながらの製法でごま油を作る

せっかく高品質で作られたごまも油を絞る工程で余計なものを使っては台無しです。

■一般的な他社の油抽出方法「溶剤抽出法」
一般的なゴマ油はヘキサン・ヘプタンなどの溶剤を使った「溶剤抽出法」で油を搾り取っています。 溶剤抽出法を使えば原料から限界まで油を搾り取ることができ、 時間も短く済むため大豆・ゴマなどあらゆる油の抽出に利用されています。 抽出後は溶剤が混ざった油に熱を加え溶剤を蒸発させ食用油として私たちの口の中に入ります。

■九鬼産業は安心・安全の「圧搾法」で抽出
九鬼産業では130年守り続けてきた圧搾法で油を抽出しています。 圧搾法は圧力だけで油を搾り出す製法の事です。 圧搾法は手間も時間もかかりますが、安心・安全な食品を作るためには手を抜きません。 また、圧搾法で搾り取った油はごま本来の香りを引き出すため九鬼産業ごま油の美味しさの秘密でもあります。

安心安全な九鬼産業のフェアトレードごま

九鬼産業

6商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
6商品 1-6表示
  • <
  • 1
  • >
6商品 1-6表示
  • < Prev
  • Next >

モバイルショップ