ほうろく屋の菜種油

ほうろく屋について 菜種油について
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]
  • <
  • 1
  • >

失われ欠けた菜種油

2012年に開業したばかりの「ほうろく屋」ですがこの物語は、 昭和24年愛知県の三河地方に地域の農家から持ち込まれた菜種を搾油し、 地域に販売する小さな精油所「大獄製油」から始まります。

農家にとって菜種は主要作物ではなく、畑や田んぼの裏作や休耕作で作られる態度のもので、 持ち込まれる菜種油は毎年品質も安定せず、苦労なさったそうです。

ほうろく屋の元大獄製油の初代大獄喜八郎

そういった菜種を引取り、独自の経験と乾燥具合や焙煎温度を変え試行錯誤して生まれたのが 天日干し、薪焙煎、圧搾でした。
この試行錯誤の中で世界でひと /つの薪焙煎のための窯「ほうろく窯」も誕生しました。
しかし高度経済成長期に入ると、貴重な国産の圧搾菜種油に代わり、 海外の菜種を薬品で抽出した安価な菜種油が流通し市場の大半を奪っていきました。

菜種油を薪焙煎するために作られたほうろく窯

小さな製油所は潰れ、ほとんどの企 業は薬品抽出法に切り変わっていく中、 大獄さんは手仕事の油絞りを続けていました。
そんな大獄製油も2007年に廃業。 後継者のいない大獄製油の技術が途絶えようとしたとき、 声をあげた現在の「純粋菜種焙煎工房ほうろく屋」の杉崎学さんです。
そのあと数年の修行を得て大獄製油の道具と技術を引き継ぎ、 2012年に「ほうろく屋」を開業、ほうろく屋一代目でありながら、 大嶽製油2代目と名乗り大獄製油の製法をこれからも守り続けていきます。

大獄製油2代目 ほうろく屋主人の杉山学さん

受け継がれた技術と道具

■菜種は地元から買付け
材料の菜種は「ナナシキブ」「キザキノ」「キラリボシ」を使用し、 すべて地元三河地方の生産者から直接仕入れます。
単純なことですがこれも大切な受け継がれた製法のひとつです。
また、自家栽培も始めました。
もちろん、エルシン酸を含む種子は使っていません。

ほうろく屋の菜種油に使われる菜種

■天日干し 良質な国産菜種を天日でしっかり干す
菜種は油の色と味を際立たせるためじっくり天日干しをます。
きれいな菜種油を搾るにはこの工程は不可欠。
機械干しでは種にヒビが入り、焙煎時に焦げやすくなります。

ほうろく屋の菜種油に使われる菜種

■唐箕掛け
ほうろく窯、ダブルエキスペラーばかり注目されがちですが、この小型唐箕も非常に価値のある伝統農具のひとつ。
唐箕掛けでごみやほこりを取り除き、良質の種を選別します。

唐箕掛け

■薪焙煎
大型のほうろく窯に火をくべてじっくり時間をかけて丁寧に焙煎します。 初代大嶽さんが薪焙煎に適した窯の厚みや深さを見出し、 町工場の製鉄所で製造された世界にひとつだけのほうろく窯です。

燃料は薪のみです。

世界にひとつのほうろく窯で薪焙煎

■ほうろく屋の焙煎と一般の焙煎の違い
一般的なガスによる短時間・大量生産を目的とする焙煎は約135℃まで菜種を焙煎します。 しかし、ほうろく屋の菜種油は丁寧にゆっくり薪で焙煎し、 熱の入り具合を一粒ずつコテでつぶして確認をするとその温度は約80℃。
低温焙煎をすることにより焦げカスを出させず、 結果的に酸化に強く油の栄養価と旨みの高い菜種油ができあがります。

■圧搾絞り
昔ながらの圧搾機(昭和33年製の名機「ダブルエキスペラー」)で菜種油を搾ります。 ポイントは圧搾時に最適な圧力を加えるとともに、過度な熱を加えないようにすること。
もちろん、化学薬品(溶剤)は一切使用しません。

圧搾絞り

湯洗いの工程が必要なし

通常、圧搾が終わった段階では不純物が混ざっており少し褐色がかかった色味をしています。
大手メーカーはこの段階で薬品を使い不純物を取り除きます。
薬品を使わないと心がける製油所は遠心分離器を使った湯洗いを行います。

しかし、ほうろく屋は「良質な国産菜種を天日でしっかり干す」、 「秋の炎だけでじっくりと菜種を焙煎する」、 「丁寧な圧搾」をすることにより、湯洗い工程すら必要としません。

これは他では簡単にマネできないほうろく屋の強みです。

■精製
圧搾した油を自然に濾紙でこします。
濾過された油を2週間静置し、さらに不純物を沈殿させ、上澄みのきれいな部分のみを瓶詰めします。

精製

ほうろく屋の菜種油

昭和24年創業、初代喜八郎の教訓を守り伝統と技術と道具を引き継いだ2代目ほうろく屋の手仕事で生まれた黄金色の菜種油。

ほうろく菜種油「伝承油」460g

伝統を守り続けている菜種油「伝醤油」

ほうろく菜種油「伝承油」460g

ほうろく菜種油 「荒搾り油」 460g

加熱による水分調整や精製工程をしない、搾ったままの油

ほうろく菜種油 「荒搾り油」 460g

ほうろく菜種油 「生搾り油」 138g

荒搾りの焙煎温度を60℃までに抑えることにより、さらに菜種油の香りを抑えることに成功

ほうろく菜種油 「生搾り油」 138g
販売者 製造:ほうろく屋(http://www.hourokuya.net/)
住所愛知県西尾市西浅井町古城17番地

おススメ商品

最近チェックした商品

お支払方法 不良品・返品について

詳しくは特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

お問い合わせ先

詳細はプライバシーポリシーでご確認ください。

配送方法・送料について ハートの配送について
送料
佐川:
全国一律650円
1万円以上送料無料
ヤマト:
全国一律950円
1万円以上での送料無料はありません。
代引き手数料
手数料330円
佐川急便のみ
1万円以上無料

ようこそ

ゲスト様

今月の人気商品

先頭へ戻る